うつ病で英語力が大幅ダウンしたけど、懲りずに頑張る。
お詫びと3日間考えていたこと
2017年07月14日 (金) | 編集 |
1つ前の記事には、たくさんのコメントを頂きまして
どうもありがとうございました。

エアコンのない部屋で、暑いPCを触っているので
体調が悪くなり、長時間入力するのがしんどくて
まだコメントの返信をしていません。

必ずさせていただきますから、もうしばらくお待ちください。

ところで7月4日って何の日かご存知ですか?

アメリカの独立記念日です。Independence Dayといいます。

9月11日は何の日か覚えていらっしゃいますか?
アメリカの同時多発テロが起きた日です。

では、7月11日は?

なんとなく見覚えがあるのに、パッと思い出しません。
友達の誕生日?
フランス革命の日?

3日考えました。
勘のいい方ならもうお気づきかと思います。

9月11日は「nine-eleven」と呼ばれています。

7月11日だと「seven-eleven」

セブンイレブン…?

コンビニかい!

※誤字があったので訂正いたしました。
気を悪くなさった方、大変申し訳ありませんでした。


読んだよ。という合図がわりに拍手ボタンをクリックくださると嬉しいです。(*´∀`*)
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村
関連記事

prefecture いろいろ
2017年07月11日 (火) | 編集 |
私はハンドルネームの「なにわのねこ」からお分かりかと思いますが
大阪府に住んでいます。

近所のスーパーに水菜が売られていました。

「大阪県産」と書かれていました。

どこやねん。
まあ、英語に直すと大阪府だろうが大阪県だろうがOsaka Prefectureになりますが。

(次にそのスーパーへ行くとちゃんと「大阪府産」になっていたので、
大分県との間違いではなさそうです)

「prefecture=日本で言う都道府県」だと普通に思っていました。
が、私の持っているやや古いジーニアス英和大辞典でprefectureを引くと

(日本などの)県、府 《◆(東京)都、(北海)道に当たることもある》

と書かれていました。

「都、道に当たることもある」ということは、
「prefecture=県、府」の方が自然で、「都、道」の場合は何か特殊なのでしょうか。

「都」(と)を和英辞典で調べると、

Tokyo
Tokyo Metropolis
the Metropolis of Tokyo
Greater Tokyo

と何だかかっこいい名称が出てきました。
Tokyo Prefectureは載っていませんでした。
大阪都構想が実現されていたら、大阪もMetropolisになったのでしょうか?

ちなみに「道」(どう)は和英辞典には載っていませんでした。

prefectrureを英英辞典で調べてみると、

an area of local government in some countries,
for example France, Italy and Japan

と書かれていました。
フランス、イタリア、日本などの国の地方自治体ということですね。
そう考えると普通に「都」や「道」を含めても良さそうですが…。

そもそも、なんで都道府県なんだったっけ。
東京も昔は「府」だったと習った気がします。
「道」は何か(誰か?)を置いていたんだっけ?

英語と関係なくなってきたのでこの辺で切りますが、
ちょっと都道府県の歴史に興味が出てきたので、
私は引き続き調べてみようと思います。




読んだよ。という合図がわりに拍手ボタンをクリックくださると嬉しいです。(*´∀`*)
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村

関連記事

片耳学習法
2017年07月10日 (月) | 編集 |
これは、2015年10月23日に書いた「英語は片耳で聞く」と一部重複した内容です。

ついでに、大してためになる学習法でもないので、
ただの日記だと思って読み流してください(笑)

使っていたイヤホンが壊れました。
イヤホンって消耗品だと思うので、
特に音楽も聞かない私は100円ショップのイヤホンを使っています。
割とすぐ壊れるんですが、使い方が悪いのか100円ショップのものだからか
いまだに分かりません。
数千円もするようなイヤホンだと壊れにくいのでしょうか?
英語と関係ない話ですが、ご存知の方やご自身の経験談など
お気軽にコメント欄から教えていただけるととても嬉しいです。
(名無しさんでもOKです。)

今回は長持ちしたほうなのですが、とにかく片方からしか聞こえません。
片耳で「フレンズ」を視聴しているのですが、たまに接触の具合で両耳から聞こえたりして
本当にイライラします。

一方で、外で(というか雑音のある場所で)片耳だけで英語を聴くのは
いい学習法だと聞いたことがあります。
この辺りからが過去の記事の重複です。
実際の会話で、イヤホンで聴くステレオの音声のような綺麗な英語を
耳元で囁かれることはまずなく、
大抵は雑音の中で会話することになると思います。

TOEICですらそうです。
窓を閉め切っていても、
生理現象ですが咳やくしゃみ、各問題ごとに吐かれるため息(←これ実際にあった)、
えんぴつでマークする音…。

普段、両耳から綺麗なステレオ音声で英語しか聞いていないと
ちょっとした雑音に左右されてしまいます。

雑音の中でも英語をクリアに聞き取れるようになるには、
片耳学習法もいいと思います。




読んだよ。という合図がわりに拍手ボタンをクリックくださると嬉しいです。(*´∀`*)
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村

関連記事

プレゼントする時の表現
2017年07月04日 (火) | 編集 |
私は、英語ネイティブの方にプレゼントをする時、
「This is for you!」と言って、プレゼントを渡しています。

他にも表現はあると思うのですが、
This is for you! という決まり文句が一番簡単で、咄嗟に出てくる表現だからです。

フレンズのSeason2-1の冒頭で、
レイチェルがブーケをプレゼントするシーンがありました。

その時のセリフが。

「These are for you!」 Thisの複数形Theseが使われていました。

ああ、ブーケなので、花一輪ではなく花が複数あるから複数形なのか。
と納得したものの、
日本人の私の感覚としては、「花をたくさんあげる!」というより「花束を1つあげる!」
という感じなので、
私だったら「This is for you!」と言ってしまいそうです。

というか、実際、複数のプレゼントを1つにまとめたものを
「This is for you!」と言ってプレゼントしていました。
間違いだったのか…。

This is for you! で決まり文句だと思っていたのですが、
プレゼントが複数ある時はThese are for you!になるんだなあと1つ賢くなりました。
(ってそれ中1レベルですが)




読んだよ。という合図がわりに拍手ボタンをクリックくださると嬉しいです。(*´∀`*)
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村

関連記事

"Every cloud has a silver lining." とは?
2017年07月02日 (日) | 編集 |
フレンズの視聴もやっとseason2に進みました。

実は、season1をやっていた時は、
season1が終わってもseason2には進まずに
もう一度season1を最初からやり直そうと思っていたんですが
実に続きが気になるところでseason1が終わってしまい…。
我慢できずに続き(season2)に進みました。

season1の勉強もまだまだ不十分だし、復習したい部分もあるのですが、
ここは「楽しむこと」に重点を置いてみようと思いました。

さて、season2-1に"the silver lining"という言葉が出てきました。

会話の流れから「唯一良かった点」みたいな意味かなと思って
辞書を引くと、
私の辞書にはこのイディオムは載ってなかったんですね。

仕方がないのでsilverは銀として、liningを調べると
「裏地」……。
銀色の裏地? あんまりよく分かりません。

で、暑い中PCを開けました。

silver liningは、「(不幸な境遇・状況において)希望のきざし, 明るい見通し」
という意味のようです。

さらにネットを見ていくと、ことわざから来ているようです。

"Every cloud has a silver lining." どんな雲も裏面は銀色だ。(なにわのねこ訳)

つまり、真っ黒な雨雲であっても、その裏面(裏地)は
銀色に光り輝いている、そういう部分があるということですね。
どんなに悪い状況にも、明るい部分はある、そういう意味だと解釈しました。

おお、なかなか良いことわざじゃないですか。
ちょっとこれは覚えておこうと思いました。




読んだよ。という合図がわりに拍手ボタンをクリックくださると嬉しいです。(*´∀`*)
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村

関連記事