FC2ブログ
うつ病で英語力が大幅ダウンしたけど、懲りずに頑張る。
英語学習記録(ラジオ英会話10/6放送分)
2015年10月06日 (火) | 編集 |
今回はあまり面白くないというか…

覚えたい語

go-getter やり手、凄腕
ビジネス英語にも出てきたことがあると思います。

What have you been up to? どうしてた?
カジュアルな表現です

What's more, ~ それだけでなく、その上~です

peeps みんな
peopleの略でそれを更に複数形にしたもの。友人、知人、友達

dive right in 躊躇せずに飛び込む
水に飛び込む以外にも使えるんですね。

Yessiree. はいはい。それはもう。sireeはYesやNoを強める

Knowing you ~ あなたのことですから~
ABBAの曲でKnowing me knowing you~♪というのがあると思うんですが
それもこれからかな。




ブログランキングに参加しています。
応援クリックをいただけるととても嬉しいです。ヾ(*´∀`*)ノ
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村
関連記事
私のラジオ語学講座活用法(録音編)
2015年10月06日 (火) | 編集 |
今日はなんだか勉強する気力がないので雑談でも。

ラジオの語学講座歴は長いです。
自分の意思で聴き始めて20年以上になります。

放送は主に録音しておいたものを聞きますが、
放送されている時にも聞けたら聞きます。
同じものを何度でも聞きます。

録音したものを聞くのは、自分の都合に合わせられて良いのですが、
逆に、ちゃんと勉強しようと思うなら
予定がなければ放送時にラジオの前で待機する習慣をつけたほうが
いいような気がします。
ただ、録音していないと繰り返し聞けないんですよね。

録音は昔はMDに録音していましたが、
今はMP3で録音できるこの機械を使っています。

結構高いです。
これの前にはトークマスターというポケットサイズのを使っていましたがもっと高かったです。

でも、繰り返し聴くための音源が必要だと思う場合、
例えば「ラジオ英会話」のCD(1,625円)を毎月買うとすると
1年でこれくらいの値段になります。
しかもCDは、ラジオよりも解説やフリートークが少ない。
長期的に見ると、
これで(これじゃなくてもいいけど)ラジオを録音して、不要な部分をカットする方がいいです。

カットと書きましたが、練習問題などの部分はカットしています。
最初に聴くときは全部真面目に取り組みますが、
それは何度も必要ないと思うので、
自分が不要だと思った部分をカットして、
主にダイアログ(スキット、ビニエット等)と語彙の部分を中心に残します。
それを何度も聞きます。

MP3のカットをするのは「AudioEditor」というソフトを使っています。
カットの他、2つのファイルの結合、2つに分割の3つだけを簡単におこなえる
シンプルなソフトです。

録音して聞いていますよー。というのが今回の話題でした。
また機会があれば、「こうやって聞いていますよー」と聞き方、聞くコツなどを
書いていこうと思います。
(まとめて書こうと思っていたけど長くなってしまった…(^_^;))




ブログランキングに参加しています。
応援クリックをいただけるととても嬉しいです。ヾ(*´∀`*)ノ
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村
関連記事
英語学習記録(実践ビジネス英語10/2放送分)
2015年10月06日 (火) | 編集 |
今回、覚えたい語・文章がたくさんあります。

They(=日本人) lead the world in that respect.
(日本人はその点で世界トップにいます)
lead the worldで世界トップの意味
it that respectは、「その点で」。言い換えるとon the point, in that way.

average lifespan 平均寿命
lifespanは人の寿命だけでなく、物がどれだけ長持ちするかにも使えるようです。
前回の放送ではlongevity(長生き、長寿、寿命)という語が出てきたので
あわせて覚えたいです。

bacterial culture 培養菌
cultureには、文化という意味の他に耕作、栽培、飼育、養殖、培養
品種改良などの意味があることを初めて知りました。

sweet-toothed (形)甘党の、甘いもの好きの
I have a sweet tooth.(私は甘いものが好きです)という表現は知っていましたが、
形容詞としてsweet-toothedというのがあるのは知りませんでした。

You name it. その他なんでも
sweet-toothedの説明でヘザーさんが例を挙げたときに出てきた表現

tangy 強い味のある、風味の強い、鼻[舌]にツンッとくる
Wasabi is very tangy.とか使えるのかな。

Same goes for us Brits. 私たち英国人にも同じことが言えます。
BritsはBritishの略、
ここで覚えたいのはSame goes for ~ ~にも同じことが言える

go off~ ~に飽きる、~が好きでなくなる
=come to dislike something, not want do it any more の意味
これもいろいろ使えそうです。飽きっぽいので。

concoction 混合、調合物
=created by some different things
動詞はconcoct(作る、調合する、でっち上げる)

an explosion of options 選択肢が爆発的に広がって

bold 奇抜な、冒険的な
(態度が)大胆なという意味の語ですね。

strained 水気を切った、濾過した、濾された

take off in popularity 人気が出る
take offだけでも同じ意味で使えるようです。大きく離陸するイメージかな。

rich texture 濃厚な質感[食感]

protein content タンパク質の含有量


難しかった…(・∀・;)




ブログランキングに参加しています。
応援クリックをいただけるととても嬉しいです。ヾ(*´∀`*)ノ
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村
関連記事