FC2ブログ
うつ病で英語力が大幅ダウンしたけど、懲りずに頑張る。
遠山顕の英会話楽習をまとめて聴いてみた。
2018年04月18日 (水) | 編集 |
今日は早くから目が覚めてしまったので
午前中に溜まっていた録音済みのNHK講座を聞こうと思い、
まず、「遠山顕の英会話楽習」から聴き始めてみました。
今日は2週間分まとめて聴きました。

遠山顕先生、20数年前の「英会話入門」の初回放送時から聴いています。
というか、私がラジオ講座を聴き続けるきっかけとなったのが、
その20数年前の「英会話入門」の第1回目なんです。
初めて自分でテキストを買ったのがその時の
遠山先生の「英会話入門」と大杉正明先生の「ラジオ英会話」の4月号でした。
その遠山先生が冠番組(ちょっと違う?)を持つようになるなんて
とても感慨深いです。
っていうか、20年以上のラジオ講座リスナーなのに、
まだ基礎英語に四苦八苦しているのか私は。
感慨深いところから一気に落ち込みましたよ。

さて、今年度からの新番組「英会話楽習」、
構成的には、今までの「ラジオ英会話」と似ていますが
「ラジオ英会話」名物の超高速英文聞き取り「Listen for it」がなくなりました。
代わりに「Write it!」という「英借文」コーナーが新たにできました。

これは、ダイアログの一部を「借」りて英作文するという
レベル的には「Listen for it」より簡単なものなんですが、
遠山顕先生が「こういう言い方もできますか?」「これはどう言いますか?」と
アメリカ人&カナダ人パートナーに尋ね、
彼らがそれに英語で答えていて、
「英借文」自体よりもそこの部分がとても参考になります。
「そういう言い方もできるのかー」とか逆に「そうは言えないのかー」とか。

なので私は全然分からなくて(特に月曜日)やる気を削がれた「Listen for it!」よりも
今の「Write it!」の方が好きです。
でも、リスニングがもっと高レベルの方には、
今回の講座はかなりの易化かと思います。
ダイアログ自体も若干易しくなった気が。

今回の2週間で覚えておきたいところとしては
まず、4月2日の
Nice to meet you.にNice to meet you, too.ではなく、Likewise.で答えていたところ。
Likewiseでの受け答えは映画などでもよく出てきて
Nice to meet you, too.とのニュアンスの違いを知りたかったのですが、
Likewiseで応える方が改まった意味合いだそうです。
なんとなくLikewiseの方がそっけないのかと思っていました。

また、4月3日の
I can't start the day without coffee.
(私はコーヒーなしでは一日を始められません)に対して
I'm the same way.(僕も同じです)という言い方。
Me too.とかSame here.とかと同じ感じですが
特筆すべきなのは「こちらもそんな感じです」と割とゆるい感じなんですね。
これ、使える。使いたい。使おう。

2週目では、4月10日の
What page are you on?(何ページまで読んでいるの?)
What page are you reading?などは浮かびますが
onで(何ページ)「の上に」という感じで表せるんですね。
ちなみに「テキストの32ページを開きなさい」だと
Open your textbook to page 32.なので、前置詞はtoになりますね。

あ、あと、学校の科目として英文学はEnglish litというのも
初めて知りました。litはliteratureの略です。
大学で、フランス語をフラ語、中国語をチャイ語と言っていたのと同じ感覚でしょうか。




読んだよ。という合図がわりに拍手ボタンをクリックくださると嬉しいです。(*´∀`*)
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村
関連記事