FC2ブログ
うつ病で英語力が大幅ダウンしたけど、懲りずに頑張る。
そんな私でも読めた本たち その1
2017年04月25日 (火) | 編集 |
読めなかった本たちの記事で書いたとおり
簡単な本でも挫折している私ですが
読めた本もあります。
長くなりそうなので、「その1」と「その2」に分けてみます。

今回「その1」でご紹介する読めた本の共通点は
1.児童文学
2.小学生の頃に日本語で読んだことのある本
です。

児童文学というと「なんだ、子ども向けか」という感じですが
ハリーポッターなども立派な児童文学です。
そこそこ英語力が必要です。

また、小学校の頃に読んだことがあるといっても
記憶はかなり曖昧で、
設定は覚えているものの、ラストがどうなるのかさえ忘れていたものもあります。

まず、個人的にすごく好きな作品。
From the Mixed-Up Files of Mrs. Basil E. Frankweiler
(リンク先は「出版35周年アニバーサリー版」だそうです)
邦題は「クローディアの秘密」

クローディアとその弟が家出をし、メトロポリタン美術館にこっそり住む話です。
そしてある発見をし…。

日本語版は小学6年生くらいに読みました。
その時は、警備員に隠れてこっそり美術館生活を楽しむ様子に
とてもワクワクしたんですが、
原書を読んだ時は、ちょうどニューヨーク旅行後だったので
すごく具体的にイメージできて良かったです。

他の作品は有名なのでストーリーは省いてご紹介しますね。

Daddy-Long-Legs
邦題は「あしながおじさん」
ほぼ手紙の文章なので、読みやすいです。
文通が好きだったので、こちらも好きな作品です。
仕事の昼休みに毎日少しずつ読んでいました。

A Little Princess
邦題は「小公女」
子どもの頃、本でも読みましたが、
世界名作劇場のアニメもとても印象的でした。
こちらも簡単な英語で読みやすいです。

あとは、
「Pippi Longstocking」
邦題は「長くつ下のピッピ」(「あしながおじさん」の次に昼休みに読んだ)や
語彙制限本で「The Secret Garden」(「秘密の花園」)などを読みました。

ペーパーバックに挑戦したいけど、
何から読めばいいのか分からないという方は
こういう「子どもの頃に日本語で読んだことのある」ものを選ぶと
読みやすいと思います。

その2では、児童文学以外で初心者でも読みやすい本を数冊ご紹介したいと思いますが
いつ書くかは未定です(笑)




読んだよ。という合図がわりに拍手ボタンをクリックくださると嬉しいです。(*´∀`*)
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村
関連記事

コメント
この記事へのコメント
なるほど…
おはようございます。

児童文学だと英語もそんなに難しい表記ではないのですね。
昨日のコメントに書きましたがインターネットの英語ページを
読める様になりたいので本格的に勉強しようかなぁ…

ポチ☆
2017/04/26(水) 07:46:15 | URL | kaion #-[ 編集]
kaion様
こんにちは。
コメントありがとうございました!

児童文学だと文章も比較的容易で、読みやすいです。
ちょっとした調べ物などの時に、英語のサイトも読めると
世界が広がりそうですね。
kaion様の専門の分野や興味のある分野の英語ページを
辞書を使いながら熟読する(精読)といいかもしれません。

いつもポチありがとうございます。^^
2017/04/26(水) 16:46:33 | URL | なにわのねこ #41Gd1xPo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する