FC2ブログ
うつ病で英語力が大幅ダウンしたけど、懲りずに頑張る。
「やっぱり英語をしゃべりたい!」中尊寺ゆつこ
2018年05月08日 (火) | 編集 |
相互リンクさせていただいているミツイさんから
英語学習法についての本を教えていただいたので
私もいろいろ読んでみました。
詳しくはこちら→勉強法の本(ミツイさんのブログ記事に飛びます)

その中からとりあえず1冊目、「やっぱり英語をしゃべりたい」(中尊寺ゆつこ)さんの本を
まず読んでみました。



実は、遺作なんです、この本。筆者は42~3歳?の若さで亡くなっています。
そのことを全く知らなくて、解説で知って
最初から読み直すととても悲しいです。
「今でも家族ぐるみのお付き合いをしています」という文章も
その「今」はもう今ではないんだなとか、
「40代で英語を始めても話せるようになるのは50代で
もうすぐ寿命」という文章も
50代どころか40代前半で亡くなられて…と思うと悲しいです。
うつ病患者は自分も含め、人の生き死にについて敏感です。

すみません、英語と関係ないことでした。

内容はなかなかの辛口です。
この本のコンセプトは「帰国子女ほど上手くなくても良い」なんですが、
「大人の教養として普通にしゃべれればいい」。
この「普通」が
文法間違いません/自分に必要なボキャブラリーもしっかりあります
とはいえ決して流暢ではないし、こなれた表現をいっぱい使えるわけでもない
でも普通に無理なく通じるし、ビジネスにも使えて用は足せる、
相手の言うことも分かる。

これ、普通というより、相当上級者です。
でも、私の目指すところでもありますが。

最初に文法を持ってきたとおり、文法重視というか
「大人の英語なんだから文法を間違えると恥ずかしい」という考えを
お持ちのようです。

同意見だと思ったのは、
英会話スクールは初級から入らないほうがいい。
中級の引っかかるくらいでないと意味がない。(それまでは独学)
教わりに行くのではなく「挑戦しに行く」ということ。

レベルチェックや無料体験レッスンを行っている英会話スクールは多いので
私は一時期片っ端から受けていました。
当時は中級の上がほとんどで、たまに上級の下に引っかかってました。

N.Y.滞在歴もあって、外国人のお友達も多い中尊寺さんですが
文法を始めとした英語勉強の努力も怠っていなかったようです。

でも、ネイティブの友達が多いって英語学習の上で有利な気がします。
そこはちょっと羨ましいです。




私も英語をしゃべりたい!と思った方は、
ランキングバナーと拍手ボタンをクリックくださると嬉しいです。(*´∀`*)
(拍手ボタンは一番下にある場合もあります)
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村
関連記事

コメント
この記事へのコメント
あわわ、記事内にリンクまでありがとうございます。
中尊寺ゆつこ氏、なかなかぶっ飛んだ生き方されていたようで、でもそんな人でも英語は地道にみっちり文法からやって身に付けた(しかもNYから日本に帰ってきた後に)っていうのが強烈なインパクトありますよね。
英語ってそこまでしないとモノにできないけど、そこまでして身に付けるだけの価値はあるよって、体現されている方だと思います。
英語に関するエッセイ集であっていわゆる学習本じゃないですけど、著者の地道な努力と思い切りの良さ(笑)、この2つは見習いたいなと思います。
ネイティブの方と出会う機会があったとして、自分から話しかけて友達になれる自信なんて、全然ないしなぁ;
2018/05/08(火) 23:59:20 | URL | ミツイ #-[ 編集]
ミツイ様
こんにちは。
お名前だけだとどなたか分からないのでリンクを貼ってみましたが
ご不都合ならおっしゃってくださいね。
N.Yでそれなりに楽しんで生活していたのに、
日本に帰ってきてから文法を地道に勉強されたというのがすごいですよね。
個人的には、「試験に出る単語」の再重要語句の4番目に
patriotism(愛国心)が載っていたというのも驚きでした。
試験に出るか!?

ネイティブのお友達、欲しいです。
もう後20年若かったら、外国人の集まるクラブに潜入して逆ナンしたのにと思うのですが
当時はそんな勇気もないしお酒も飲めなかったです(笑)

コメントありがとうございました!
2018/05/09(水) 00:14:51 | URL | なにわのねこ #41Gd1xPo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する