FC2ブログ
うつ病で英語力が大幅ダウンしたけど、懲りずに頑張る。
安河内哲也「できる人の英語勉強法」その4
2019年02月19日 (火) | 編集 |
リスニング力向上についての部分を読みました。

多聴よりも精聴を!(特に初級者は)ということで、
精聴を勧めていらっしゃいました。

ご自身の経験談が実にリアルで納得のいくものでした。
詳しくは書きませんので、ぜひ、ご購入して(または立ち読みして)
お読みください。

初級者レベルで一番オススメなのがディクテーションとのこと。

初級者のディクテーションって
まとまった文章をやると1時間は軽くかかりますよね…。
スクリプトがあるなら、英語のニュースや著名人のインタビュー、
俳優やナレーターによる朗読など
自分にとって楽しくリスニングできそうなジャンルを選んでください。

ってあるんですが、
英語ニュースやインタビューって結構難しいですよね。特に初級者には。

安河内先生の本には書かれてませんでしたが
私は洋楽が結構おすすめかなと。
中には抽象的な単語の並ぶ歌も多いですが、
特にこだわりがなければビートルズが聴きやすいと思います。
Help! とか、Yesterday とか中学高校の時に聴きまくって
聞こえたままの発音で歌ってましたが
今でも歌えるし、今になって「そういう意味だったのか!」と理解できたりしています。

本の話に戻って、
ディクテーションのやり方がとても詳しく載っています。
これから初めてディクテーションをされる方はお読みになるといいと思います。
面白い表現だと思ったのが「耳タコプレーリストを作れ!」。
ディクテーション(含む、答え合わせ)をした英文の音声ばかりを集めて
それを耳にタコができるほど聴きまくれと。
一度精聴したものを何度も聴くのは確かに効果的だと思います。
この場合は多聴ですね。

それと少々かぶりますが、
「教材は狭く濃く使う」のがいいとのこと。
特に初級者は「これをやる」と決めたら残りは捨てる。
耳が痛いですね。
あれやこれやと本だけ増えていく私…。
中上級者はいろんなものに触れるというのは良いようです。
私、中級者って言ってもいい?
一応前の方でTOIEC600以上を中級者って書いてあったので、
自称中級者と名乗ります(笑)

リスニングについて、もっと続いていますが
今日はここまでしか読んでいないので
ブログもここまで。

次回でリスニングについては終わらせたいです。



DUO3.0の音読も頑張ってます!
ランキングバナーと拍手ボタンをクリックくださると嬉しいです。(*´∀`*)
(拍手ボタンは一番下にある場合もあります)
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する